FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
06.25

素晴らしきオネエ映画

Category: 萌え話し
こんにちは。
自他共に認めるオネエウォッチャー、ねむりこひめです。
今日はオネエ映画について語りますよ~。

今年公開の2大オネエ映画と言えば・・・

「ダラス・バイヤーズクラブ」と「チョコレートドーナッツ」ですよね。

以下、ネタバレあり。


ダラス~のジャレット・レト演じるレイヨンは正当派オネエです。
常に女装をしているレイヨンは、ケバいメイクの下に儚げな可愛らしさを持っています。
こんなに繊細だったら、強さを求められるアメリカではさぞ生きにくかっただろうと思ってしまうほど、優しいオカマさんです。
レトさんの綺麗な瞳をフルに生かした女装がとっても綺麗でした。
頬がそげ、顎もゴツイですが、凄く綺麗な脚をおしげもなく出してくれて、見事なまでのオカマっぷりです。

対するチョコレート~ノアラン・カミング演じるルディーは、ゲイクラブで女装してショーをするドラッグクィーンです。
ショーの時はドレスアップしていますが、お世辞にも綺麗ではありません(可愛いけどね)。
髪型はセミロングですが、通常は男の格好、しかもお洒落なゲイではなく、パンツもゆるんで洗濯もしてないような感じで・・・。

今年のアカデミーショーで、MCのエレン(ゲイで女性と結婚)が、ドレスアップした女優を尻目に「この中で一番綺麗なのは間違いなくあなた」とレトさんを指しただけあって(この時、レトさんはひげ面でした)、美貌ではダラス~のレイヨンの勝ちでしょう。
助演男優賞を取っただけあって、演技も素晴らしかったです。

でもね、ゲイをかなりフューチャーしたダラス~に比べて、チョコレート~は、恋愛の一つの形として昇華しているところが実に良かったです。
いちゃいちゃするシーンも、衝撃的な感じを狙うのではなく、すごく自然でした。
見ている間に、ジョリジョリの残るルディーのお顔が可愛く見えてしまうから不思議です。
トニー賞俳優だけあって、歌のシーンも圧巻でした。

映画的には、ダラス~が消化不良で、チョコレート~は「この映画には救いが欲しかった」と言う印象を持ちました。
でも、演技や人間ドラマとして見応えがあるので、チャンスがあったら見てくださいね~。

ちなみにとっても嫌な上司(?)役のクリス・マルケイさんは、今回も見事に嫌な小悪党を演じてくれてます。
この人って、クリス・クーパーさんにどこか似てるんですよね~。
まぁ、クーパーさんの方がラスボスって感じですけど。
この手の顔はアメリカでは悪人面なのかしら・・・と思ったら、いやいや、どの国でも悪人面だと言うことに気づきました^^;
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2011
10.14

不思議体験!? と、萌え話

Category: 萌え話し
本日私は、不思議体験をしました。

このブログのTOPを開いたままトイレに行った後画面を見ると、なんだか、どこかおかしい。
テンプレが崩れているではありませんか!
このテンプレは、画像が横500ピクセル以上だと崩れてしまうのです。
見れば確かに画像が巨大化しています。
しかしアップローダーを確認すると、画像は更新したときのままなのです。

「何かの不都合? でもこんな変わり方ってあるの?」

隅から隅まで管理画面を見ても、どこにも異常はみあたりません。

せっかくコツコツと築いた、私の小さなお城に異変が!
大事件(←?)発生です。

「FC2さんに連絡するか……」

そう思ったとき、私の脳裏にあることが過ぎりました。

「まさか?……まさか?」

んっ?
ぎゃーっ!
表示が拡大125%になってるじゃん!


そうです。
誰かが私がトイレに行った1分かそこいらの間に、表示をあたっていたのです。

しかし……。

その時は昼間で、家には私しかいなかった。

そう……

犬以外は!

以前から少しずつ不思議なことはあったのです。

文字が打ち込まれるのは当然のことながら、何かを検索しようとした後や、私が保存していたのも忘れているような画像をどこかから出して来たことがありました。

しかしただの犬が、表示を変更するような高度なことが出来るでしょうか?

不思議だ……不思議すぐる~。

以前からうちの犬にはメン・イン・ブラック説が流れていたのですが……やはり宇宙からの侵略者なのでしょうか……?
ちちゃな宇宙人が中に……?

※ちなみに本日のテンプレはようつべを貼っているのて゛崩れています^^;




それはさておき、本日の萌え話は女性編です~。



ティルダ・スウィントン様でございまする~!
よく間違えられる『エリザベス』のケイト・ブランシェット様とは別人でございます。>彼女も好きです
スコットランドの貴族出身で身長は180cmの女優さん。
ケンブリッジ大学卒業と萌え要素満載!(落ち着け、女だ!)
地毛は多分赤っぽいブラウンだと思われますが、役柄で変化します。

見た目が実に中性的で、そういう役柄も多いです。

私のオススメBEST3は出演部分は少ないけど『コンスタンティン』の大天使ガブリエル役、『オルランド』(映画自体は……ですが、主役なのでいっぱい見られます)、『ナルニア:ライオンと魔女』の氷の女王役です。

可愛い女優さんや綺麗な女優さんも大好きですが、萌えるのはやっぱり中性的な人~~~!
男も女も中性的な人が好きなのね~^^;

参加中です~♪ぽちっ。
   ↓
にほんブログ村 イラストブログ BLオリジナルイラストへ
にほんブログ村

以下、拍手のお礼です~♪続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2011
10.06

今更ですが……

Category: 萌え話し
久しぶりに萌え話し~♪

何年か前にプリズン・ブレイクと言う海外ドラマが流行りましたよね?
アメリカの刑務所を舞台にした脱獄ドラマです。
刑務所が舞台なだけにホモホモしい人が出てきたり、華奢な美青年が毎晩のお勤めが辛くて……なんてシーンもありましたが、私を萌えさせたのはシーズン2に出てきたFBI捜査官です^^

彫りの深いアイホールがもろ好みで、頭脳明晰で神経質、クスリ無しでは平常心を保てないところもポイント高いです!
変人スキーの血が騒ぐですよ~。

 
そんな素敵な特別捜査官アレックス・マホーンはこちら↓




……はい。

すみません……おぢさんです。

しかもおでこが広いです。

でもね、ドラマを見てると引き込まれるほどカッコイイのですよ~!
そして渋いオヤジなのに、何故か受けオーラ満載~。
シーズン2からファイナルまで出てますが、なんたってオススメはスーツ姿のシーズン2です!

ああ~~~、それにしてもやっぱり私の萌は外国にあるのだわ~。

そんな私は萌え仲間(?)を求めて、イラスト交流&検索サイトに登録を申し込みました~♪
無事お仲間に入れてもらえたのですが、いざ『金髪碧眼』で検索を描けてみると……ヒットしたのはわずか2件。
そのうち1つはこのサイトで、もう一つは……リンク切れしていました……TT

1万サイト以上の登録があるのに……2件って…・みんなそんなに、金髪碧眼には興味がないのか~!?

うちひしがれながらも、この道を突き進む覚悟が出来ましたですよ。


参加中です。ぽちっ。
   ↓
にほんブログ村 イラストブログ BLオリジナルイラストへ
にほんブログ村


以下、拍手のお返事です♪続きを読む
Comment:4  Trackback:0
2011
09.25

今日は……

Category: 萌え話し
昨日はバタバタしていたのと、小説ブログのINDEXを整理で終わってしまい、お絵かきができませんでしたTT

小説ブログはこちら⇒ はちみつ文庫

基本受けは金髪碧眼です……いや、基本と言うより金髪碧眼以外の受けは書いたことがないかも^^;
だってね、金髪碧眼=色素が薄い=真っ白な肌……この真っ白な肌が、R-18シーンの時に紅く色付くことに一番の萌えを感じるですよ。
しかもオネエ言葉が好きです……。

金髪碧眼でオネエ言葉の襲い受けがお好きな方(いるのか?)は是非遊びに来てくださいね~♪
「オネエ言葉って苦手だったけど、読むと癖になるかも~」と言ってくださる方もいらっしゃいます。←本当
もちろんオネエ言葉以外もありますよ~。(金髪碧眼の繊細な美青年とか)

ところで昨日買ってきた日本発売の海外セレブリティーゴシップ雑誌に、アンドレイ君が載っていました。
今注目の美青年特集みたいなところに出てましたですよ。
写真以外は取り立てて新しいことは書かれてなかったのですが、性指向に対する質問に「答えるつもりはない」と言ったそうです。
女だったら「女」って言いますよね~?
あは~ん。素敵すぎる~


あは~んで思い出しましたが、今は変りましたが青くって耳のない猫型ロボットの昔のテーマソングって、腐だったんですね。
あの最後のフレーズ……何で、あんあん~なんでしょう?



参加中です。ぽちしていただくと励みになりますです♪
  ↓
にほんブログ村 イラストブログ BLオリジナルイラストへ
にほんブログ村


以下、拍手からいただいたコメントのお返事です~♪続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2011
09.21

私の萌えの源、アンドレイ君

Category: 萌え話し


Andrej Pejic アンドレイ・ペジック 1991年8月28日生まれ

オーストラリアの男性モデル。アンドロジニーとして知られる。

クロアチア人とセルビア人の両親の間に、ボスニア・ヘルツェゴビナトゥズラで生まれた。内戦後、家族と共にセルビアに移り、8歳の時に避難民としてオーストラリアメルボルンに移り住んだ。

以上Wikiアンドレイ・ペジックより。



雑誌でアンドレイ君の小さな記事を見つけたとき、一目で恋に落ちました。
20歳を過ぎた西洋の方に、こんな少女のような面差しを持った男性がいるなんて!
美しいわ、可愛いわで、もう堪らんですよ
しかもインタビューを見てると、話し方や仕草がオ◯エっぽくって、金髪碧眼とあいまって私のドストライクじゃないですか!>でも金髪は染めているの
今までぽってりした唇は苦手だったのですが、アンドレイ君を知ってから大好物になりました。
ぷるんぷるんで何とも魅力的な唇なのです♪

そのあまりにも中性的な美しさから、コレクションではウェディングドレスを着た経験もあるアンドレイ君。
辛い幼少期を過ごしたでしょうから、幸せになって欲しい人NO1です。
モデル界は大変そうだけど、これからも美しい姿で世界中を魅了してね、アンドレイ君。



そんなアンドレイ君の公式HPはこちら⇒http://models.com/models/andrej-pejic

縦に並んだ小さな画像をクリックすると、アンドレイ君の美麗画像がいっぱい見られます。

また一番下にある The Ones 2 Watch の中の Dark Narcissus をクリックすると、アンドレイ君のプロモーションビデオ(?)が見られますよ~。


参加中です。よろしかったら、ぽっっとな。
  ↓
にほんブログ村 イラストブログ BLオリジナルイラストへ
にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。